読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「結果をだせる人になる!!すぐやる脳のつくりかた」茂木健一郎著 を読んで。

 

 最近読んだ本の中で、自分のポイントと感じた点を3つほどあげたいと思います。

 

①行動を始めるには脳の 背外側前頭前皮質 を鍛える。

はい、最初っからあまりよくわかりません。

私は特にこういう分野について勉強したことがあるわけではないので、

ざっくりと上げたいと思います。

脳は筋肉と一緒で鍛えることができるそうです。

例えば、勉強をしようと思ったらぱっとその瞬間に始める。

これを特別に意識しないでやる。この行為が習慣になることでそのうち、考えないでもできるようになるそうです。

 

②自分へ制限をかける

簡単に言えば、自分でやろうと思ったことに自分で締め切りをつくることです。

締切:タイムプレッシャーを自分に課すことで、作業にかかる時間を圧縮することができます。

時間というものは、圧縮することで内容を濃くすることができるそうです。

短期集中できる環境、設定を自分で作ろう ということですね。

 

③小さな成功体験 が脳をやる気にする。

小さな成功体験 という言葉は結構耳にしたことがある人は多いと思います。

私自身、自信をつける方法 などと題された本をこれまで手にすることが多かったのですが、そのなかでもとても多く出てきた言葉です。

これは単に精神論ではなく、脳科学的に有効な方法だとこの本の中では述べられていると感じます。

 

単に精神論を語るのではなく、茂木先生ならではの脳科学的な立場から科学的な根拠を基に述べられていることが多いと思うので、納得できる部分が多くあったと個人的に感じました。

私のような普段あまり本を読むわけではない人でも、時間をかけずに読めるように書かれているのではないかと感じました。

気になった人は実際に読んでみてください。

目を通していただきありがとうございました。

ついにワイヤレスイヤホンが...

 

かねてからワイヤレスイヤホンに魅力を感じていました。

しかしこれまで知っていたのはどれも高額なものばかり、、、

なかなか手を出そうとは思いませんでした。

しかし、最近気になってアマゾンで調べてみると、 あれっ?

 

けっこう低価格なものが増えているような気がしました。

そのなかで私が購入したものを紹介したいと思います。

 

これです

 はっきりいって、安いと思ったのであまり期待はしていませんでした。

 

で、実際家に届いてみてさっそっく使ってみました。

基本的に最初使うときはフル充電してねって書いてあると思います。

でもある程度入ってるだろうと思ってそのまま使ってみました。

iPhoneを使っていて、ペアリングはとっても簡単にできました。

パソコンでも試してみましたが、こちらもとても簡単に。

 

気になる音質ですが、普段iPhoneに付属してあるApple純製のイヤホンを使用している私からすると、全く悪いとは思いません。

この商品は基本的にはスポーツ時南下を想定してあると思いますが、

私はもうこれを使いながら家事をしたいとすでに考えています。

とにかくもうワイヤレスに感動しています。

 

初めて使用するかたとか、ちょっと気になるという方にはぜひおすすめしたい商品です。

今日は最近読んだ本の紹介をしたいと思います。

まず一冊目は堀江貴文さんの「君がオヤジになる前に」です。

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 堀江さんを知らない人はまずいないと思います。

最近は特にテレビではあまり見なくなりましたが、それまでは見る機会が多くあったと思います。

さて、この本の概要はさておき、この中で私が注目した点について簡単に紹介したいと思います。

 

会議で軽食的なものを買ってこいと言われたときあなたは何を買ってきますか?

 

私は、はっきり言って当たり障りのないものを買ってくると思います。

例えば、定番のお茶ですね、まあ食べ物は誰も好き嫌いがなさそうなものを選んで買ってくると思います。

しかし、堀江さんはそんな奴はだめだ とこの本の中で述べています。

 

 

それは 思考が停止している  からだそうです。

 

普通のお茶やサンドウィッチを買ってくるよりも、人数分の違う飲料をそれぞれ買ってくれば、「俺これ飲んでもいい?」「そっちのがいい」「これなら飲める」

といったコミュニケーションが生まれます。会話を生むことができるのです。

他にも、ただ並べられている定番のものよりも新作の商品を選んでくることで

「今こんなものが売られているのか」「これは今度から買おう」

など、こううまくはいくかは分かりませんが、新しい発見にもつながります。

堀江さんはこの本の中で特に 思考停止はだめ ということを繰り返し言っていたように感じました。

私もよく使ってしまうのですが、

「なにがいい?」と聞かれたときに、「なんでもいい」といってしまうことがまさに思考停止の状態だそうです。

みなさんはどうでしょうか、結構使ってる人いるんじゃないですか?

 

●現代で必要なものは 行動と提案

 

誰にも思いつかないアイデアを思いつくことができる人 というのはまれにいると思います。

しかし、誰もがみんなそういうわけではありません。

むしろ、大半の人は誰もが思いつくことしかアイデアとして出すことはできないと思います。

でも、それでいいんです。

 

現時点まで多くの人間が生きてきて、皆さん必死で考え生きてきました。

自分も進行形で生きているのですが、その中で考え付けることなんてたかが知れています。

画期的なアイデアと思っても、実は誰かによって既見出されていたことがほとんどです。

そこで、大半の人ができるのは

これまでのアイデアを組み合わせて新しいものをつくる ということです。

 

別の本ではプリコラージュ とも言われていることです。

誰にも思いつかないことを思いつこうと無謀にあがくよりも、これまで多くの人が発見してくれたアイデアを組み合わせて新しいものを作り上げていくことが重要です。

 

私も

何かいいものを思いついた!!

 

と思ってグーグルで調べてみると、まあ大量の検索結果が表示されるわけで、

そりゃそうか笑 と思ってしまうことがよくあります。

でもそれでよくって、それから新しいものを作っていくことが発展することにつながると考えられます。

 

つたない説明でしたが今日は堀江さんの「君がオヤジになる前に」という本の紹介でした。目を通していただきありがとうございました。

 

 

治るといいな

体の変化に気付いたのは大学に入ってからです。

周りに人がいると体がこわばり、口元に力が入ります。

なんでなんだろうと思いつつ、周りを気にしすぎているだけだ と思って、

できるだけ気にしないよう心掛けてきました。

でも、症状は全く改善できませんでした。

自分のことを自律神経失調症なんじゃないかとか、対人恐怖症なんじゃないかとか

本を読んでいるうちに考えるようになりました。

でも病院には行っていないので、ほんとのことは今はわかりません。

これからも病院に行くつもりはないのですが。

 

私の場合、症状としては

・顔のこわばり

・顔、口の力み

・睡眠の質が悪い

・夏場の汗の量が異常

・目のひどい疲れ

などがあります。

特に最後の目の疲れですが、最近特にひどいです。

家に一人でいるときとかは全然症状はないのですが、いったん外にでて人の目がある場所ではすごく目に力が入り、瞬きの回数も激増します。

そして一日中目が充血しています。

ドライアイかもしれないとは思いますが、心理的な要因が大きいようです。

治るといいなと思って今回このようなことを書きました。

別にいいじゃん

一人だけの空間にいると、周りの目を気にしないで済むから本当に気楽です.

自分のやりたいことに、集中できる気がします.

ただ、周りの目がないからなんでもやっちゃう.

男性で言えば、あーいうこととか、特にあーゆうことですね.

もちろん、俺はしないよ という人はいるかもしれません.

最近は、色々と体のことが気になるので、できるだけ気持ちをそらしてしないようにはしています.

しかし、やはり寂しい時はあるもの.

そういう時は、気分を紛らわすためにもやってしまいます.

これまでは、なにやってんだろ・・・  と思っていました.

そしてさっき済ませて、現在ちょっと思っています.

でも、別にいいじゃん

 

これが自分だ.これが俺なんだって認めればいいと思います.

確かに、情けないことかもしれません.

でも、それでいちいち自分のことを攻めたり、少しでも後ろめたく思ってたりなんかしたら、

このさきいちいち立ち止まって、自分を苦しめなくちゃいけなくなる.

 

最近見たサイトで、自尊心が低い人や、自信がない人で、特に自分のことを悪く思うことを習慣にする人は自分を認めてあげることが大事だということが書いてありました.

”私は幸せになる権利がある”

何かあった時にはこのことを意識して、自分を認めてあげましょう.

どんな時の自分も、自分のという存在の一部に過ぎません.

だから、人によって態度が変わってもそれは別にアタリマエのことなんではないでしょうか.

 

 

 

こんなことを書いて入るけど、さっき済ませた虚無感に襲われているという説得力のなさ...

思考の転換

誰でも悪いことばかりが頭に浮かんでくることはありますよね.

私も良くあります.

最近で言えば、

前をカップルが仲良さそうに歩いているけど、歩くスピードがとても遅く、狭いので前にも出れない時とか、

バスの運転手さんの機嫌がとても悪そうなときとか、

前の席や隣の席に座った女性が、座った直後他の席に移動するときとか...

悪いことなんて考えたらきりがありません.

だから、考えないようにしましょう.

人は一日にたくさんの思考を繰り返すと言われます.

これまでの思考の積み重ねが今のあなたの考え方に大きく影響していることが考えられます.

じゃあもう遅いのかというと、まだ遅くはないと信じたいですよね.

気づいた時から変えていけば、そのうちいつの間にか変化していると思います.

悪いことは考えない.考えてしまったら、いいことで上塗りしましょう.

例えば先ほどの、席をすぐ移られた時とか、はっきりいて自意識過剰だ! と.

自分のことは周りの人は全く気にしていなくて、その人も気分で席を移ったんた と.

敏感にならずに、できるだけ楽に生きていきたいものですね.

 

私はしばしば、自分に自信がないという状態に陥ることがあります.

皆さんにもあるかもしれませんが.

そういう時、「自信を持つために」とか、「自信の付け方」とかで検索することがあります.

そういうサイトを開いて、何かこうすれば確かに自信つきそうだなって思って

それっきり何もしない.

 

これじゃあダメですよね笑.

メンタリストのDaigoさんの動画だったり、まとめサイトを最近見ることがあります.

彼は

「自信がないときには確認したがる.でも、確認しても自信を得ることができない.行動でしか自信を得ることはできない」

的なことをおっしゃっています.

まさに私のことだなと、図星だなと.

行動が足りていない.とりあえず考える前に行動する.

これをやろうと思って、今日はこれらのことを書いてみました.

明日は朝起きたら、まずコップ一杯の水を飲むことから一日を始めたいと思います.