今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

「働く男」を読みたい

昨日星野源さんの「そして生活は続く」のことについて書いたばかりですが、

昨日書いた後、早速2冊目を少し読みました。

 

今度の本には、星野さんが映画の紹介というか、見た映画のコメント的な文章集が乗せられているみたいです。

 

ざっと見た中には、私がこれまで読んだことがある映画というものがありました。

 

たとえば、「英国王のスピーチ」とかですね。

 

見たのですが、私自身はそこまで映画の中に入り込むことができませんでした。

ですが内容は大体覚えています。

 

興味のある方はぜひ一度ご覧になってください。

 

 ところでみなさんは、こういう洋画を見るときは字幕派でしょうか、吹き替え派でしょうか。

 

私は英語がすんなり理解できる方ではないので、吹き替えで見ます。

 

字幕で見ると、字幕をみて中身をみることができません。。。

 

人それぞれだとは思いだすが、字幕とか、そのまま英語でも見れるようになりたいものです。

 

また、見るときのコツとかがもしあれば、お教えいただきたい。。。

 

で、星野さんの「働く男」という本なのですが、まだ読み切っていません。

 

これから時間を見つけつつ読んでいきたいと思います。

 

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

 

くだらない日々

もうはっきり言って更新をやめたつもりでしたが、

何を思い立ったのか、またこうやって書こうと思いました。

 

 

先日、東京に行く機会がありました。

 

飛行機で行ったのですが、その間暇つぶしに本を読んでいました。

 

その本は星野源さんの「そして生活は続く」です。

 

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

 

 この本は、星野源さんが初めて書かれたエッセイ集ということで、

私もとても興味をもって読み始めることができました。

 

ちょっと前まで、逃げ恥ブームがあり、これからも注目していきたい人物です。

 

NHKのLIFEという番組も大好きでした。今シリーズはもう終了してしまいましたが。

 

まあ、この本というのは、星野さんが何気ない日常をどういう感じでとらえてきたのか

ということの一部を、なんとなく感じれるような気がした本でした。

 

あまり読むスピードが速くない私でも、数時間で読み終わることができました。

 

ざっと読んだので、はっきりと思い出せるか所は少ないのですが、印象に残っている話は便(う〇こ)の話が多かったイメージです。にやけながら普通に読んでいました。

 

読まれた方ならわかると思いますが、こんな普通だけど、普通じゃない人は、そこらへんにいそうでいないな と思います。

 

勝手に重ねて申し訳ないのですが、私は現在大学生かつ、パッとしないかつ、ダサい男子の一人です。星野さんは自信のことを昔はああだった、こうだったとおっしゃっていますが、そこだけ見れば、世の中にはそんな男子たくさんいると思います。

 

しかし、こうやってぱっと輝く瞬間を持つためには、輝く努力というか、世を見据える力が必要とされると感じます。

 

こういう力や目を持つということが、私自身には必要だなと、つくづく感じます。

 

これからそういった能力を、くだらない日々の中にも拾っていけるよう

感性豊かに過ごしていこうと決めたときでした。