今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

繰り返しかもしれないつらい日々

みなさんこんにちは。

 

 

私は最近、変わりたいなーと思っていろんなことをやってみました。

 

本を読んだ後には、いいと感じたことをすぐに実践してみるとか、筋トレを継続するとか、ランニングをするとか、人への接し方を変えたりなど、、、

 

しばらくやってみて、「おっ、なんかいい感じになってきたんじゃないか?」

 

と思うときがありました。

 

 

しかし、

少し経過して、何か良くないことをきっかけに、数日前、数週間前の自分に戻ってしまっています。

 

行動した結果変わることができていないと感じると、行動しないでいた時よりも、さらに来るものがあります。

 

「このまま変われないんじゃないだろうか?」

 

そう感じてしまいます。

 

しかし、ここで終わってはこれまでの自分となんらかわりありません。

 

しかも、あきらめるというには早すぎる。

 

そう、まだまだ始まったばかりで、これまでの短い時間にも「いい感じになってきたのでは?」と感じることができた点を評価するべきです。

 

Re:ゼロから始める異世界生活」というアニメをみなさんはみていましたか?

 

主人公であるスバルは、死んで過去に戻るという「死に戻り」を行って、悲惨な今を変えるために苦しいループを続けます。

 

自分の物語の主人公で、物語を進めるのは自分自身です。

 

変わっていないと思う中にも、必ず変化はあります。

 

これまでの時点で気づけたことは、自分は変わろうと努力し始めているという事です。そして、そのために動こうともがいているということです。

 

周りに動かされるのではなく、自分で動こうとしている、自分の物語の主人公ということです。

 

主人公を助けてくれる登場人物たちは物語にはたくさん出てくるでしょう。

 

 

しかし、

助けてくれるところまで主人公が進まないとその人たちは助けてはくれない

 

自分で自分の人生を選択し、つかんでいきたいと思いました。