今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

言葉を見える化して気持ちをらくにする。

みなさんは日記とか、メモ帳とか持ち歩いていますか?

 

私は日記兼メモ帳をいつも持ち歩いています。

 

もっとも、頻繁に確認はしないので、思いついた時に見たり、書いたりする程度です。

 

今頃手書きなんてやらねえよ! という人もいるかもしれませんが、今回は別に手書きに関わらず、自分の頭の中の言葉を文字にして見えるようにするという点に注目したいと思います。

 

 

頭の中にいる状態のぼんやりとした気持ち達というのは、そのままぼんやりしたままでつかみどころがありません。

 

だから、ぼんやりした者については解決する考えが浮かんでこないのは当然。

 

いつまでもぼんやりとモヤモヤしたままです。

 

それを手帳でもなんでも、Twitterとかにでもいいから文字としてだす。

 

そうすることで自分の頭の中から、文字として目に見えるものになっていきます。

 

モヤモヤしていた時に比べて、文字の状態の問題には脳を働かせて考えることができます。

 

 

言語化する。

 

習慣にしていくことで、自分の考えを上手く整理するツールになればいいと思います。