今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

Aviutlのファイルをmp4で出力する

Aviutlで編集したプロジェクトをデフォルトのavi形式で出力すると、時間が結構かかるし、できたデータはとても容量が重く、変なラグが入ってたりしてきつい。

 

だから、mp4で出力できるようにしてみたところ、時間も半分以下で軽いデータ量で出力できた。

 

参考にしたサイトはここ

AviUtlで動画をMP4で出力する方法

 

とてもわかりやすくて助かりました。

 

ポイントは

x264guiEx_2.51v2 というファイルをダウンロードし、auto.setupを起動。

 

ディレクトリを選択する際に、aviutlの実行ファイルがある場所を選択。

 

あとは出力するときに、ファイル→出力→プラグイン出力

 

で、デフォルトとは別の項目が増えているかで確認できる。

 

出力するデータ形式をmp4を選択すれば、mp4で出力できる。