今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

残りの寿命を視覚化してみた

みなさんこんにちは。

 

ふと、自分の寿命というのは、統計データから計算してあとどのくらいなんだろうかなと思いました。

 

 

探してみると、自分の残りの人生時間を計算してくれるアプリがありました。

 

 

s-deck.jp

 

あなたの「残り」の人生時計

あなたの「残り」の人生時計

  • mamoru sasagawa
  • ライフスタイル
  • 無料

 

寿命時計:あなたの余命をカウントダウン

寿命時計:あなたの余命をカウントダウン

  • Apptly LLC
  • ライフスタイル
  • 無料

 

2つのアプリでやってみました。

 

 

まず、人生時計のほうではこんな感じになりました。

f:id:rukae:20171003193045p:plain

 

上の方の黒い丸が残りの人生、下の丸がこれまでの人生の時間を表しています。

 

んー、まあそれなりにあるなあ。

 

 

次に、寿命時計のほうでは、

 

f:id:rukae:20171003193152p:plain

 

こっちの方では、58年だそうです。

 

 

人生時計のほうでは残り21,321日だったので、365でわると58くらいになります。つまり、2つのアプリの計算はだいたい同じくらいになりました。

 

 

今は21歳ですが、、あと58年くらいは今のところ生きられそうだなあということが分かりました。

 

 

んーー、具体的に数値が出てみると何とも言えない気持ちになりました。

 

 

これまで21年間生きてきたのに、あんまり楽しいことをやれてないなあっていうのは最近ひしひしと感じます。

 

 

数字で出してみると、やっぱり限りがあるんだなあと少し感じることができました。

 

とりあえず数字で見てみると、案外面白いなあと思いました。