今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

森見登美彦「夜行」を読んだ.

みなさんこんにちは.

 

先日、森見登美彦の「夜行」を読みました.

 

夜行

夜行

 

 

 

今回ちょっと 「おや??」 と思ったんですが、それは京都が起点にはなっているのですが、尾道や飛騨といった、京都以外の地域も舞台となるという点です.

 

森見登美彦といえば、京都京都京都・・・

 

のイメージがあり、今回は途中から「本当に森見登美彦の本か?」って思い表紙を見返すくらい気になりました.

 

それだけ気にはなったんですが、読み終わって、物語を書く人って言うのはどんな頭になってんのかなあと実感するほど、ミステリーというか、ファンタジーな印象が残りました.

 

森見登美彦の本って、個人的にはストーリーに入り込むのに少し時間がかかります.

 

なんといっても、語り口が特徴的なので、ページがなかなか進みません.

 

しかし、この本は小学館からでていて、対象としては広い層に読みやすそうだと思います.

 

ホラーというか、怖く感じる要素もあって、米沢穂信の「満願」を思い出しました.

 

満願 (新潮文庫)

満願 (新潮文庫)