今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

イライラするときは一人になって落ちつこ

皆さんこんにちは。

 

最近は卒論の開発と研究にとても追い込まれていました。

 

その結果、期限までに概要を書くことができたんですが、いまさら実験のやり方がわるかったなあと思ってきています。

 

もしかしたらもう一度やり直さないといけないかなあと思ってるところです。

 

 

さて、少し前の話ですが、「研究室に居場所がねえ!」 みたいなことをブログで吐いていました。

 

周りの幸福が辛い - 今を生きる男子学生の走り書き

物理的なポジションは大事 - 今を生きる男子学生の走り書き

 

 

期限が迫ると、必然的に同級生が多く集うようになります。

 

研究室はもう、ゼミ授業の時よりも人が集まっていました。

 

そして、期限が迫ると発狂とまではいきませんが、テンションがおかしくなる人がいます。

 

今は別にどうも思いませんが、作業しているときにそのおかしいテンションに巻き込まれるのはちょっとイライラしていました。

 

 

そんな時私はまず、大音量で音楽を聴きながら作業をします。

 

これは高校の頃もやっていました。

 

自分の部屋がないので、父親の貧乏ゆすりの音がダイレクトに聞こえてきます。

 

それにイライラして、音楽大音量で音をかき消しつつ、ドーパミンをだしてモチベーションをあげるという一石二鳥です。

 

ただ、耳へのダメージは大きいです。

 

これで作業をこなすのですが、ずっとイライラしていたのではさすがに精神衛生上よくないです。

 

そこで、一人で研究室の外をぶらりと散歩します。

 

私の場合は、入っているサークルの部室があっていつも誰もいないので、そこで寝そべって1時間くらい自分だけの空間に浸ります。

 

そうしていると、いつのまにか気持ちは落ち着いています。

 

イライラというのはやろうと思ってもずっと維持するのは難しいものだと思います。

 

だから、間をあけてあげることでどんどん緩和されていきます。

 

イライラ解消には寝ることも有効です。

 

寝て起きたら絶対少しは楽になっていると思います。

 

どうでもいいことに自分の思考の時間をさくのはとても無駄だと最近考えるようになったので、必要なことに思考を割くためにもネガティブなことはあんまり考えたくないなと思います。