今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

養老孟司「バカの壁」を読んだ。

みなさんこんにちは。

 

先日、養老孟司さんの「バカの壁」を読みました。

 

以前、「文系の壁」という本を読んで、いまさらと思われるかもしれませんが、今回図書館でみつけたので読んでみました。

 

「文系の壁」でも、「ほほう1・・・」1と感じることが結構あったのですが、この「バカの壁」では、それ以上に「なんかこの人は頭がいいなあ~」というか、自分は普段からどれだけ思考停止して生きてきたのかということを痛感しました。