今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

日焼けした後に

皆さんこんにちは。

 

最近海に行く用事があって、2日間砂浜にずっと出っぱなしでした。

 

最初は雨の予報だったのですが、2日間とも結局晴れ間が多く、激しい太陽光にされされた状態で過ごしていました。

 

そしてその結果、ものすごく日焼けしてしまいました。

 

最近、会社の中から日中出ることはなく、肌も白いままだったのですが、

 

この2日間で急激に真っ黒というかまずは真っ赤になってしまいました。

 

大学生の間ならまだよかったですが、もう社会人です。

 

月曜の朝会社に行くのがこれほど憂鬱だったのでは、入社式以来です。

 

しかし、会社を休むわけにもいかず、その日は「え!!」と驚かれながらも1日過ごしました。

 

そして、かえってとにかく早く収めたいと思い、化粧水をとことん塗り捲りました。

 

冷やすのは結構していたので、次は保水と思い、化粧水を尋常じゃないくらい肌に塗って、寝ました。

 

火曜日の朝起きてみると、顔に違和感が。

 

鏡で見てみると右目のまぶたがはれ上がり、上唇・鼻の下にはぶつぶつができてそれはもう試合後のボクサーまたは、完全にやけどした人みたいになってしまいました。

 

とりあえず腫れは水がうまく体の外に出てないのかなと思い、日焼けしてないところを熱いお湯につかって汗をかこうと思いましたが、

 

日焼けした顔からは汗も流れません・・・

 

頑張って体内の水を出そうと頑張りましたがうまくいかず、結局時間がなくなりそのまま会社に向かいました。

 

途中コンビニでマスクをかい、それをつけて過ごしていました。

 

何が原因だったのかはまだ病院に行けてないのでわかりませんが、化粧水のつけすぎも意外とダメなのかもしれません。

 

使った化粧水が保湿力が高いものだといわれたので、余計強く効きすぎて体に水がたまったのかもしれないです。

 

日焼けした直後はまずとにかく冷やすこと。

 

これは徹底された方がいいかと思います。

 

かくいう私もやってはいましたが、朝から顔面のボロボロほ表皮をそのままにしておくわけにはいかないと、こすって削り落として会社に行く始末です。

 

病院にいけないのも社会人になってつらいなと思いました。

 

明日はギリギリ行けるかもしれないので病院に速攻向かいたいと思います。

 

みなさんも単なる日焼けと思わず日焼け止めを塗る習慣をとにかくつけときましょう。

 

肌にとことん悪いことをしてしまって、ちゃんと作られていない肌がよけい痛々しく見えてしまいます。