今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

ずとまよ。のライブが神々しかった

初めてライブに行ったと言っても過言ではない。

それが「ずっと真夜中でいいのに。」

通称「ずとまよ。」

 

大阪のライブに行きました。

 

物販から長い時間並んでて、痛めてる足にはこたえたけど、それだけ並んで全く後悔することはなかった。

 

欲しかったパーカーとタオルも買えた。

一回で購入できる数には制限があったけど、一気にたくさん買ってる人とかがいて、この人たちがどうか転売屋でないことを祈った。

 

さて、ライブが始まると。

 

とにかく圧倒。

 

最初から最後まで、MV以上の迫力、そして実物のacaねが本当にいるって事に実感を持つ事が出来なかった。

 

けど、曲ごとに歌い終わりマイクで喋り初めて、「喋ってる、、、」

って思って、あの儚くて気持ちが溢れそうなんだけど、力強さのあるすんとした声で話す。

 

話す内容はひどく可愛い。

 

歌いながら踊ってるのを見てても、あの小さい体の後ろから浴びるバックライトの神々しさがエモい。

 

スポットライト、配管を配置した退廃的なスタジオの演出も、MVの雰囲気をそのまま物理的に再現してくれている。

 

ライブの時間は休みという休みはほとんどなく、約2時間半ずっとあの声に圧倒され続けた。

 

最初は緩やかだった観客の動きも、時間とともにヒートアップ。

 

最後のアンコールでは、観客も声を張り上げて歌った。

 

MC、スタジオの演出も含めたライブパフォーマンス、そして音楽、世界観。

 

とにかく、時代が変わろうとしているのはわかった。

 

フジロックにもでるらしいけど、すごく行きたい。

 

アンコールにも答えてくれた。

 

これからもっと有名になっていくのは間違いないけれど、ファンの声とか別に聞かなくていい。

 

そのままのアーティストをこちらも楽しんでいきたい。