今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

1年間で体重が9kg増えた

2018年会社員になって4月に受けた検診では、体重は56kgでした。

 

で、2019年の3月時点で体重は64kg

 

1年間で9kg体重が増えたことになります。

 

最初の数か月で異変は感じていて、ジムにちょっと行ったりもしていましたが、メンタルが次第に擦り減っていくと、動く気力がなくなってしまっていました。

 

会社の運動サークルには参加していたのですが、それも2,3週間にあるかないか程度だったので、定期的な運動が全くできていませんでした。

 

その割には、ストレスで過食になってしまい、体脂肪が、、、

 

たまに同級生に合うと、「なんか体格よくなった?」とか「腕ごつくなってない?」とか言われてたんで、まあそうだろうなとは感じていました。

 

大学のころは一人暮らししていたけど、全く体重が変わってなかったので、やはりこれはいかんなと思ったところもあります。

 

年明け手からは、救急車を呼ぼうかと思うくらい夜中にお腹が急に痛くなったことがあって、ずっと悶えながら

 

「あぁぁ~苦しい」

「あぁうぅうU!!!」

 

とか言ってたんで、隣の部屋の人からは「え、なんだこいつ?」って思われてたと思います。

 

救急車を呼ぼうと思って、「119」まで番号を押して。

ただそこでタクシーを呼ぶことに切り替えて、何とか自力で病院に行った自分を今でもほめてやりたい。お前はよくやった。

 

採血をして、点滴を朝の4時まで受けながら

 

「あぁ~会社辞めよう。」

と思ってました。

 

病院には本当にお世話になったし、この人たちまじでどんだけ人類に貢献してんだって改めて思いました。

命を救えるって、まじでなんなん。

 

そのあと普通にマンションに戻って、仮眠をとり、8時半には出勤しました。

 

そんなこともあったなあと、今ではなんか面白話にできていますが、これは命あってこそですね。

 

環境が合わなすぎるとこうやって、数値にもでてくるんだなと身をもって実感しました。

 

高校の頃は走らない日はなかったし、大学の頃も定期的に運動していて、ある程度自己管理はできると思ってたんですが、それができないほどになってしまっていた。

 

これからまた運動癖を戻して、クレアチンとかのサプリとかも気休めかもしれないけど使って、体を物理的に最適化していこうと思います。