今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

オーディオインターフェース「LINE6 GX」とギター・PCの接続メモ

オーディオインターフェースを中古で安く購入できたので、接続までをメモ。

https://line6.jp/products/pod-studio/img-pod-studio-resource/pod-farm-2-basic-user-guide.pdf

 

まずは、LINE6のHPにいき、必要なソフトウェアをダウンロードします。


ダウンロードのページで、「POD STUDIO GX」を選択し、「LINE 6 MONKEY」をインストールします。

 

とりあえずまだ、オーディオインターフェースとPCを接続はしなくて大丈夫です。

 

インストーラを起動して、「LINE 6 MONKEY」をインストールします。

アカウントを作成する必要があると思うので、メールで登録します。

 

「LINE6 MONKEY」のインストール後、同じくLINE6のHPから「POD FARM 2」をダウンロードし、インストールを行います。

 

ここまで完了したら、いったんPCを再起動します。

(再起動せずに接続しても、音が鳴りませんでした。)

 

再起動が完了したら、POD FARM 2を起動します。

オーディオインターフェースとギターを接続し、その後PCにUSBで接続します。

 

POD FARM 2 の画面でアンプ・シュミレータが選択されてると思うので、ちょっとギターを触ってみると音が出ると思います。

 

ギター側の音量や、LINE6 GXのギター接続右にある「TONE DIRECT」などがMINになっていなければ出てくると思います。

またちゃんと接続し、PCがLINE6 GXを認識できている場合、LINE6 GXのランプは緑色に点灯します。

 

接続については、LINE6 MONKEYを起動して、接続できているかどうか確認することができます。

 

POD FARM2は無料のソフトですが、アンプシュミレータもエフェクトも入っていて、簡単にギターで音作りすることができます。