今を生きる20代男子の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

Blenderで煙をシミュレーション

Blenderを使って、インクが水中に落ちるCGの動画を見て、すごくきれいで私も使ってみたいと思い、まずは煙をBlenderで出すってことをやってみました。

 

参考サイト

madeinpc.blog.fc2.com

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

Yahoo知恵袋のサイトにある手順が必要になると思います。

 

大まかな手順としては、

〇立法体のオブジェクトを作成(煙がでる空間を作成)

立方体のオブジェクトを作成し、ワイヤーフレームのみの表示にし、大きさをお好みに調整。

さらに、オブジェクトを選択した状態で「物理演算」→「煙」(ドメイン)を設定

 

〇平面のオブジェクトを作成(煙の噴出口)

立方体オブジェクトの中に、平面のオブジェクトを作成し、オブジェクトを選択した状態で「物理演算」→「煙」(フロー)を設定。

 

2つのオブジェクト設定が完了したら、「Alt + A」でアニメーションが再生できます。

 

これで煙が「ポッ」ってでてくるのが確認できます。

 

f:id:rukae:20190522222940p:plain

f:id:rukae:20190522222945p:plain