今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

複数人相手の会話が苦手

 

みなさんこんばんわ。

 

みなさんは一人を相手にはなすのと、

複数人いるなかで会話をするのとどちらがいいですか?

 

 

単にいい悪いといっても難しいと思いますが、私は一人相手の時の方が話しやすいです。

 

複数人いる場合、基本的に私は何も話さないで、人の話を聞きながら相づちをうったり、笑ったり といったことがここ数年では多くありました。

 

そして、面白いと感じない話に対してこういう態度をとることほど、つらくて嫌な時間はありませんでした。

 

 

面白くとらえようと思っても、自分が全く興味のないことだったり、明らかに知らな愛ことをずっと話されていてもそれは両社にとっても不幸でしかありません。

 

そういう時私は嫌になって、一人でいることを選んでいました。

 

 

対して一人と向き合っている場合、私の中では二つの感情がうごめいています。

 

一つは「何か話さないといけない。きまずい。」

 

二つ目は「話す話題がない、きまずい。」

 

 

一つ目のおかげで、私は相手に何か話しかけます。

 

しかし、動機が「なにかしないといけない」という自分の意志ではないため、

 

結局数回言葉を交わしただけで、あとは沈黙・・・ 

 

といったことも少なくありませんでした。

 

「そう思うくらいならいっそ話さないでおこう!」

 

と思って、あえて聞きたいことがあるのに話しかけないこともありました。

 

 

じゃあなんでこんなことばかり考えて、空回りしてしまうのか。

 

その原因は

 

「嫌われるのが怖いから」

 

 

 

原因といっても、自分がやっている行動は自分の意志で行っている物です。

 

つまり、自分の意志でわざとからまわるようなことをやってしまっているのです。

 

 

それを踏まえて、周囲の人から嫌われるのを恐れず

 

こちらから一歩を踏み出す勇気を持つ

 

ことが大事だと思いました。

 

 

タイトルでは複数人相手とかいってたけど、

 

今のところは誰に対してもってことなのか。。。

「シアター」読んだよ

みなさんこんばんわ。

 

最近読書の時間を持つことが増えてきて、自分の中ではいい習慣を気づけているなと実感しています。

 

そしてこの前読んだ小説がこれです。

 

シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)

 

 

といっても、有川浩さんの作品はこれまでに結構読んでいます。

「塩の町」とか「キャロリング」とか、「キケン!」とか「空飛ぶ広報室

阪急電車」とか(あれ列車だっけ?)

 

とにかくここ最近ずっと読んでいます。

 

小説というより軽小説なのかな? ジャンルがどういう定義をされているのかわかりません。

 

ライトノベルの定義に関してはさまざまな考え方があり、業界内でも明確な基準は確立されていない。 

Wikipedia

 あんまりはっきりと区別されているわけではなさそうですね。

 

有川さんの本では、登場人物同士の会話が読んでいるうちに頭の中で自動的に流れて聞こえてくるように感じます。

 

それくらい本の世界観に簡単に入り込むことができます。

作家ってすごいなあーとつくづく思いますね。

 

あとがきを見てみると、この本の舞台にある劇団は、

自分が実際にお会いなさった劇団のことをイメージされていたようで、

 

実世界の関係を膨らませて頭の中で小説を書く感覚というものはどういうものなんだろうなと不思議に思いました。

 

想像力というものは単にひらめくことができるものではなく、その道の専門家とのヒアリングを通して、少しずつ組み立てられていくのだろうなと感じました。

 

夜中にマイナスなことを考えてしまう時

みなさんこんばんわ。

 

もう一部では梅雨明けが発表された地域もあるほど、本番の夏が近づいてきていますね。

 

昼間は蝉の鳴き声もワンワンと聞こえてきます。

 

そんな暑い日々が続くと、 体にも負担がたまってきます。

 

特に暑いとエアコンとか扇風機の風に直接あたり、体調を崩してしまうこともよくあることです。

 

精神的な健康は、脳の健康があってこそ

だと最近思っています。

 

 

理性や感情とはもともと別々のものではなく、脳によって作り出される電気信号であると考えると、

 

精神を健康に保つためには、やっぱり身体的な健康が必要だと思うんです。

 

 

そのために重要なのが 睡眠 ですよね

 

睡眠をしている間には脳の中では、起きている間にインプットした情報を整理するという重要な活動が行われています。

 

勉強をするときでも一夜漬けの効率がわるいと言われる理由の一つには、睡眠の効果を得ることができないという点が挙げられます。

 

 

しかし、一日の中でよくないことがあって、マイナスなことを考えてしまっていては、寝付きも悪くなります。

 

 

また、寝る直前にマイナスなことを考えるというのは、脳にとってよくないことです。

 

 

マイナスなことが頭に浮かんで来たら、ノートでもチラシの裏紙にでもいいので、

 

頭に浮かんでくることを書き殴りましょう!

 

書く内容は頭で考えなくていいです。

 

何を書いているのか、

 

あとで見返して意味不明に思えるような文章でも問題ありません。

 

自分の頭に浮かんでくる言葉や文字を、とにかくアウトプットしていきます。

 

 

アウトプットすることのいい点は、

 

文字として目に見える形で出力されるので、それまで頭の中で考えるときに働いていた脳の部分とは違う領域が働きます。

 

そして、目で見ることで客観的に状況をとらえることができます。

 

マイナスなことを頭の中にわかせ放題にするのは、心だけでなく、体にとってもとても危険な行為だと思います。

 

私もちょっとしたノートを一冊用意して、何か頭に思い浮かんできたものをとりとめもなく書いていくことを続けていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行をしたいけど1人は嫌だ!! という人

みなさんこんにちは.

 

私はこの夏が大学生活最後の夏休みになるだろうということで、

 

一人旅を検討しています.

 

わざわざ1人をつけなくても、私はたいてい1人なのですが、

 

一人旅をするにあたって、 「何か参考にならないかなあ.」 とappstoreで「旅」と入力して検索してみました.

 

するとこんなアプリがありました.

このアプリは、

 

ユーザーが 旅の企画 を作成し、企画をみて 「参加したい!!!」 と思った人が、企画に応募して、旅行に参加することができる というサービスを提供しています.

 

国外・国内を問わず、気になったプランをお気に入りに登録して、詳細が決まってから行くかどうするかを決めるもよし、

自分で旅の企画を作成し、参加者を募るもよし というサービスです.

 

ちなみに旅の企画を作成する際は、今のところパソコンからではないと作成できないようなのでお気をつけ下さい.

 

こんなアプリがあることを知った時は 「へえーこんなのもあるんだー」 という感じで驚きましたが、

 

知らない人とどっかに行けるほど、今の私は社会性が身についていません...

 

 

私がこのサービスを利用することができるかはわかりませんが、

 

「旅行とかいきたいけど1人は絶対に嫌じゃーーー」

 

とかいう人にはバッチリなアプリだと思いました.

 

日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】