rukaeの日記

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

本を読んだよ

私が割と最近読んだ本について紹介したいと思います。

今回紹介するのは今更感があるかもしれませんが、有川浩さんの「塩の街」です。

 

塩の街 (角川文庫)

塩の街 (角川文庫)

 

 これは、主に塩?によって、一度地球が壊滅状態に陥った後の世界で生きる人物たちを描いた物語です。

作者の有川浩さんはよく、自衛隊がらみの話を本にする ということを話している友人がいました。それを聞いて気になって手に取って読んでみた ということです。

 

得体のしれない塩によって、人類が危機的状況にある中、とある理由で海に行きたい という青年がいたり、被害を知らない少年が家出をして旅に出たり、

など、それぞれの場所でストーリーが語られていきます。

恥ずかしい話、作者の名前を初めて聞いたとき、男性の作者だと勝手に思っていたのですが

女性の方でした。(そんなに本を読まないので、ファンの方には申し訳ありません。)

どおりでこういう若い女性の気持ちが表現されていたり、男性像について割と生々しく書かれているのだなと感じました。

まだ読んだことのないという人は、ぜひ読んでください。

陸海空シリーズみたいな感じで、ほかの本でも自衛隊というか軍隊的な話が分かれているそうなので、そういうのが好きな方にも読んでほしいと思います!