今を生きる男子学生の走り書き

メモ帳みたいな使い方で、適当に書いていきます。

「シアター」読んだよ

みなさんこんばんわ。

 

最近読書の時間を持つことが増えてきて、自分の中ではいい習慣を気づけているなと実感しています。

 

そしてこの前読んだ小説がこれです。

 

シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)

 

 

といっても、有川浩さんの作品はこれまでに結構読んでいます。

「塩の町」とか「キャロリング」とか、「キケン!」とか「空飛ぶ広報室

阪急電車」とか(あれ列車だっけ?)

 

とにかくここ最近ずっと読んでいます。

 

小説というより軽小説なのかな? ジャンルがどういう定義をされているのかわかりません。

 

ライトノベルの定義に関してはさまざまな考え方があり、業界内でも明確な基準は確立されていない。 

Wikipedia

 あんまりはっきりと区別されているわけではなさそうですね。

 

有川さんの本では、登場人物同士の会話が読んでいるうちに頭の中で自動的に流れて聞こえてくるように感じます。

 

それくらい本の世界観に簡単に入り込むことができます。

作家ってすごいなあーとつくづく思いますね。

 

あとがきを見てみると、この本の舞台にある劇団は、

自分が実際にお会いなさった劇団のことをイメージされていたようで、

 

実世界の関係を膨らませて頭の中で小説を書く感覚というものはどういうものなんだろうなと不思議に思いました。

 

想像力というものは単にひらめくことができるものではなく、その道の専門家とのヒアリングを通して、少しずつ組み立てられていくのだろうなと感じました。

 

最近暑いから、早く涼しくなってほしい~
この夏は一人旅をひそかに計画しています...